ヨーロッパ周遊旅行~ベルギー・オランダ・ドイツ~ 2日目 ブリュッセルからアムステルダムへ

ヨーロッパ周遊旅行~ベルギー・オランダ・ドイツ~ 2日目 ブリュッセルからアムステルダムへ

ヨーロッパ周遊旅行2日目。

2日目は、お昼過ぎまでブリュッセルを観光し、その後、電車でアムステルダムに移動しました。

ブリュッセル観光

駅前で朝食

朝8時、朝食を食べに街を散策。美味しそうなお店がたくさんあって迷いました。駅前のカフェが盛況だったので、そこで朝食を取ることにしました。「Aux Gaufres De Bruxelles」というレストランです。

 

ブリュッセル中央駅のすぐ近くですね。

このお店でスタンダードだと思われるモーニングメニュー「English Breakfast」を食べました。コーヒー、オレンジジュース、ビーンズ、目玉焼き、ベーコン、パン、フルーツと、朝食にしては、ちょっと量が多いかも知れません(笑)

味は良かったです。特に豆が美味しかったです♪

朝食の帰り道、朝で通行人が誰もいない間にお掃除をする車が…。日本では見ないタイプの車種ですね。掃除専用の車があるなんて面白いですね。

朝のグランプラス

昨晩は、イルミネーションで煌めくグランプラスを見ましたが、今日は人のあまりいない朝のグランプラスを見に行きました。ぱらぱらと少し観光客がいる程度で、昨日の喧噪が嘘のように静かでした。

中国人観光客の方が私に話しかけてきて、写真を撮って欲しいと言われました。写真を撮ってあげると、代わりにあなたの写真を撮ってあげると言ってくれたので、お言葉に甘えて写真を撮ってもらいました。この度で唯一しっかり自分が写っている写真かもしれません(笑)

写真を撮っていたら、脇道から馬車が登場。観光客を乗せるための馬車か分かりませんが、中央に止まり餌をあげ始めました。韓国人観光客が写真を撮ろうと馬に触ろうとして怒られていました(笑)

朝の小便小僧

朝の小便小僧。昨日に引き続き、観光客が集まっていました。全然大したことないのですが、やはり一度は見に来るんですね(笑)

小便小僧は、季節によって着ている服を変えているようです。小便小僧の近くには、小便小僧衣装博物館がありました。今回は、暖かそうな格好をしていますね(笑)

チョコストーリー・ブリュッセル

ベルギーのチョコレートの歴史やチョコレート自体について学べる「チョコストーリー・ブリュッセル」という博物館があります。チョコレートについて知る以外に、チョコレートの試食や作成の見学なども出来ます。

チョコレートの成分や体に与える影響などの展示があり、とても勉強になりました。

全てチョコレートで作られている像。これを作るのにどれだけの時間が掛かったのだろうか、それを考えるほど綺麗に作られていました。

一階には、お土産売り場があります。チョコレートの歴史についての本や雑誌、絵本などもありましたが、全部オランダ語のものしかなかったです。

場所は、小便小僧のすぐ近くなので、グランプラスから小便小僧に来る間に立ち寄ると良いでしょう。

ロワイヤル広場

綺麗な庭園のある広場。4月~8月頃に来れば、庭園が花で埋め尽くされた素晴らしい光景が見れるとのこと。しかし、今回は冬なので、花が咲く前の枯れた庭園しか見れませんでした。それでも綺麗な庭園ですけどね。

ブリュッセル公園

ロワイヤル広場のすぐ近くにある公園。子供達が元気に遊んでいました。ここも春から夏に来れば、綺麗な並木道や噴水が見れると思います。

王立モネ劇場

1819年に建てられたオペラハウス。オペラやバレエの公演がここで行われています。この日は、モネ劇場前の広場で何か工事が行われていて、モネ劇場に入りづらい感じでした。そのためか、モネ劇場を見に来る観光客が少なく感じました。

サン・ミッシェル大聖堂

ブリュッセルで最も大きな聖堂。歴代王家がここで結婚式を挙げていることでも有名になっている。この日は、聖堂内で高尚な方が何か講演を行っていました。宗教に詳しくも無く、少し見ただけなので、何をしていたのかは分かりませんでした。

ヌーヴ通り

全長約600mのショッピングセンター。もちろん、日本に無いお店がたくさんあり、ウィンドウショッピングをしているだけでも楽しかったです。また、この通りに大きなショッピングモールがあり、トイレに困ったときは、このモール内のトイレを使うと良いです。(ベルギーには公衆トイレが凄く少ない)

クリスマスマーケット

ヨーロッパのクリスマスと言えばクリスマスマーケット。ブリュッセル内の各地でマーケットが開かれていました。ベルギー料理やオーナメントを販売している出店の他に、メリーゴーランドや観覧車、アイススケートも提供していました。日本のクリスマスマーケットとは規模が異なり、さすが本場だなと感激しました。

アムステルダムへ移動

15時頃でブリュッセル観光を切り上げ、ホテルでキャリーバッグをピックアップし、ブリュッセル中央駅に向かいました。

ブリュッセルからアムステルダムへの移動は、タリスという高速鉄道を利用すると良いという情報を得ていましたので、チケットカウンターでタリスのチケットを買おうとしたところ、カウンターのおじさんから「RapidかNormalかどちらだ?」と聞かれたので、私はRapidがタリスのことかと思い、Rapidのチケットを購入しました。

ところが、Rapidはただの快速電車のことで、タリスでは無かったのです。そもそも、タリスはブリュッセル中央駅に停車しないため、ブリュッセル南駅に行かないといけませんでした。

チケットは、オランダ語で書かれていて、内容が理解できなかったので、カウンターのおじさんの言われたとおりの時間の電車に乗り、アムステルダムに向かうことに。

ネットでは、タリスに乗ると1時間30分~2時間くらいで着く書かれていましたが、私の乗った電車は一向に着かない…。しかも、停車駅がやけに多い…。怪しいと思い、チケットを確認しに来た車掌さんに確認したところ、「これはICS(急行電車)でタリスじゃないよ。でも、アムステルダムに行けるから安心して。アムステルダムに行くには、ロッテルダムで一度乗り換えてね。」と言われ、ここでようやく自分が乗った電車がタリスではないことに気が付きました。

結局、アムステルダムに着くまでに約4時間も掛かってしまいました。この苦い経験も旅の醍醐味ですね(笑)

アムステルダムのホテルに到着

4時間掛けてアムステルダムに到着。ホテルは、アムステルダム中央駅から近い場所にあり、重い荷物を抱えている私としては、とても助かりました。私が泊まったホテルは「Avenue Hotel」というホテルです。

ホテルの部屋は、少し狭いですが、一人旅なら気にならない程度だと思います。値段は、1泊で約1万円でした。

夜のアムステルダムを散策

ホテルに着いたのが19時くらいで、まだ時間があったので夜のアムステルダムを散策しました。

アムステルダムは、町並みがとても綺麗で、眺めているだけでも楽しめる街でした。特に夜はイルミネーションのおかげで、より綺麗に映ります。